病院案内

HOME > 病院案内 > 施設・設備案内

施設・設備案内

外観(本院)

本院

地域高度動物医療の提供につとめています

CT等の医療設備を整え、年間1,200件を超える麻酔手術および腹腔鏡手術に取り組んでいます。

医療サービスの他にも、トリミング、パピー教室、手作りフード、老犬教室、マッサージ教室など、様々なサービスを提供しています。


診察室、待合室も猫ちゃん専用です

ワンちゃんや他の人間が苦手なネコちゃんのために、猫専用病院を開院しました。
他の動物の臭いにデリケートな猫ちゃんも、落ち着いて診察・治療をうけることができます。
完全予約制ですが、当日本館で受付後診察も可能です。
また、猫専用待合室は、本館診察でもご利用できます。

鍼灸・漢方の専門治療を行う病院です

落ち着いた雰囲気の中で、動物たちがリラックスして施術を受けることができるように心がけています。
整形外科・神経疾患以外でも鍼灸・漢方が効果的な症例はたくさんあります。また、未病を治療するのも、東洋医学です。病気を治療するだけでなく、病気にさせない治療もぜひご相談ください。

診察室

一般外来の診察室の他、
ストレスに弱い猫ちゃんのための猫専用の診察室、
鍼灸治療・リハビリ専用の診察室、
眼科診察をするための設備などがあります

個室タイプの診察室が9つあります。
各診察室では、まず初めに飼い主さんに問診を行い、飼い主さんを通して動物たちの健康状態を把握します。
レントゲンの画像や症例の画像などを各診察室に設置されたモニターでご覧いただきながら、わかりやすく納得の得られる診察を行います。

他の動物と接触したくない場合や、相談・入院中の病状説明など、デリケートなケースに配慮し、他の部屋と隔離し出入口をもうけた診察室もあります。
受付で、ご相談ください。

検査室

検査室
病気予防と早期発見

検査室では、血液や細胞を見たり、尿や糞便の検査などをします。

処置室

処置室

処置室には、処置台を2台設置しており、無影灯(写真左)の設備があります。
手術前の剃毛・皮膚の消毒、小手術、膿瘍・口腔内処置や薬浴、外科処置などを行います。処置室内にも全身麻酔装置を完備しており、麻酔モニターも付いています

歯科処置や第2手術室としても利用されています。

CT室

単純レントゲン検査や超音波検査では探りにくい部分や、問題の臓器と他臓器がどのような位置関係であるかを把握するために、CT(コンピューター断層撮影装置)を使った精密診断を行います

当院では、広範囲の連続高速撮影が可能な8列MDCT(Multi Detector-row CT)を導入し、精密解析診断を行っています。※らせん撮影(ヘリカルスキャン)可能

  • 「検査時間の短縮」=「麻酔時間の短縮」=「低被爆撮影」によりペットの負担を軽減します。
  • 「通常撮影で20〜60秒程度で撮影することができ、2回の造影撮影をする場合でも、麻酔時間は15分程度です。
  • 「高速ヘリカル50cmの広範囲を12秒で高速検査、急対応、息止め短時間検査が可能です。
  • 「取り直しすることなく高精度画像を生成し、精密解析診断が可能です。

CT検査の詳細はこちら

手術室

緊急手術、難しい手術、病院紹介手術など、
さまざまな手術に対応しています

手術をはじめ外科的な処置を行います。
最新の麻酔器や心電図、超音波凝固切開装置、CO2レーザーなど、必要な機器が備えられています。

腹腔鏡手術

内視鏡 手術検査センター室

レントゲン室

レントゲン室
FCR(デジタルレントゲン診断システム)を使用し、デジタル処理されたレントゲンをコンピューター上で拡大処理、病巣を確定します
  • FCR(デジタルレントゲン診断システム)の導入により、現像スピードも以前の10倍早くなり、待ち時間が少なくなりました。
  • 廃液が出ないので環境にもやさしい診断装置です。
  • デジタル現在と過去のデータの比較も容易に行うことができます。
  • 描出した画像は、サーバーを通して各診察室のモニターへ転送され、飼い主様に診断結果を詳しく説明しています。

入院室

床暖房を取り付け、入院室内の温度・湿度に配慮しています
一般病床
小部屋(11), 中部屋(6〜10), 大部屋(2)
隔離病床
小部屋(4), 中・大部屋(1)
(※ワクチン未接種、ノミ・ダニの寄生している場合は隔離病床となります)
ICU床(集中治療室)
手術後や、酸素室、ネブライザー等を行う病床です。
普段は重症疾患動物が入り、スタッフの動線上から観察できます。
隔離室
外部寄生虫感染症(ノミ・ダニなど)や内部寄生虫感染症(回虫・鞭虫・鉤虫・条虫など)ウイルス性伝染病等が疑われる動物が入院します。
空調・換気・エアコンはすべて別回路で設置され、酸素療法の併用が出来るようになっています。
大型犬専用の入院室
窓を設けることで閉塞感を取り除きました。
天井も高いので特に暑さに弱い犬はこちらに入ります。
広くて落ち着ける部屋をご希望の場合、お申し付けください。

アメニティ

地域の動物と人が暮らしやすい社会づくりを願い、
快適に過ごせる空間づくりを心がけています

主な設備・機器のご紹介 (※写真をクリックすると大きな画像、説明等をご覧いただけます。)

当院では、受診する動物たちの負担軽減および様々な症状に対応できるよう、最新の医療設備を積極的に導入しております。

CT(コンピューター断層撮影装置)
CT(コンピューター断層撮影装置)

CT(コンピューター断層撮影装置)

CT(コンピューター断層撮影装置)
単純レントゲン検査や超音波検査では探りにくい部分や、
問題の臓器と他臓器がどのような位置関係であるかを把握するために、CT(コンピューター断層撮影装置)を使った精密診断を行います

当院では、広範囲の連続高速撮影が可能な8列MDCT(Multi Detector-row CT)を導入し、精密解析診断を行っています。※らせん撮影(ヘリカルスキャン)可能

  • 「検査時間の短縮」=「麻酔時間の短縮」=「低被爆撮影」によりペットの負担を軽減します。
  • 「通常撮影で20〜60秒程度で撮影することができ、2回の造影撮影をする場合でも、麻酔時間は15分程度です。
  • 「高速ヘリカル50cmの広範囲を12秒で高速検査、急対応、息止め短時間検査が可能です。
  • 「取り直しすることなく高精度画像を生成し、精密解析診断が可能です。

CT検査の詳細はこちら

麻酔管理モニター装置
麻酔管理モニター装置

麻酔管理モニター装置

カラー超音波(エコー)診断装置

手術を行うには、麻酔管理が非常に重要です。
麻酔器は最新の装置を備えています。
(全身吸入麻酔装置:3台、生体モニター装置:3台)
生体モニター装置によって、麻酔中の動物の(二酸化炭素濃度・酸素飽和度)肺機能、(血圧、心電図、脈拍)循環機能、体温をリアルタイムに観察し、レコードしております。
さらに、呼気、吸気中の麻酔濃度を測定しております。心電図の装着も当然行います。

腹腔鏡)
腹腔鏡

腹腔鏡

腹腔鏡

「腹腔鏡」という先端にカメラの付いた棒状の内視鏡を用いて、腹腔(胃や腸やその他の臓器の納まっているところ)の手術を行います。
開腹手術と比べ、手術による傷が小さくて済むため、術後の回復が良いなど様々なメリットがあります。

腹腔鏡手術について

内視鏡システム
内視鏡システム

内視鏡システム

内視鏡システム

人間の検査や治療では大活躍している内視鏡ですが、一般に動物病院ではまだあまり活用されていません。この内視鏡システムを動物の診察にも取り入れ効果をあげています。
内視鏡は実際に目で見て症状を判断でき、なおかつ動物たちに少ない負担で検査や処置を行うことができます。
内視鏡の検査と処置には鎮静や麻酔を要しますが、これまでは開腹手術を行わなければならなかった場合でも、内視鏡によって最小限の負担で済ますことができます。また病変部を直接観察したり、生検(病変部の一部や組織を特殊な器具をつかって採取する検査)を行うことによって確実な診断をくだすことができる可能性があり、その後の治療や経過の観察に大きく役立ちます。また、異物の摘出を行う事が出来ます。

超音波凝固切開装置
超音波凝固切開装置

超音波凝固切開装置

超音波凝固切開装置

当院では、できるだけ体内に異物を残さない手術方法を日々心掛けています。
当装置の使用により、犬の避妊手術では糸を使用せずに血管を結紮することが可能となり、より安全に早く手術が出来る様になりました。
他にも脾臓摘出や、胆のう摘出、剥離(はがす事)が困難であった癌に対しても効果を発揮しています。

カラー超音波(エコー)診断装置
カラー超音波(エコー)診断装置

カラー超音波(エコー)診断装置

カラー超音波(エコー)診断装置

心臓病を確定診断するために必要な装置です。
心臓の機能の測定をしたり、心臓の筋肉や心臓の内腔の幅を測定し、確定診断をします。
心電図やレントゲン、血液検査も同時に行うことが多いです。 この他には肝臓、胆嚢、肝臓、脾臓、子宮、膀胱、前立腺、腫瘍などの形態的異常を早期に診断することができます。

超音波検査について

CO2レーザー
CO2レーザー

CO2レーザー

CO2レーザー

CO2(炭酸ガス)レーザーは細胞を蒸発させながら神経の断端や0.5mm以下の血管のリンパ管を閉鎖していきます。そのため出血や痛み、腫れの非常に少ない切開が可能となります。
具体的には、皮膚や口腔内、肛門、陰部などの腫瘤切除、歯肉炎、口腔内の治療、耳血腫の治療などに使用されます。首から下の部位で、小さな腫瘤であれば、無麻酔で処理する事も可能です。

LED無影灯
LED無影灯

LED無影灯

LED無影灯

手術用顕微鏡
手術用顕微鏡

手術用顕微鏡

手術用顕微鏡

歯科ユニット
歯科ユニット

歯科ユニット

歯科ユニット

歯周病が悪化する前のスケーリング処置をおすすめしております。

ペットホテル

大型犬専用パドック
天井が高く、開放感があり、大型犬でもゆとりのあるパドックです。超大型犬向けの超特大パドックもございます。ご希望の方はお申し付けください。
犬用パドック
犬用と猫用、別々の空間(部屋)に専用のパドックが用意されています。
猫用 特別室
ベットがあります。穴を通って上下の階を行き来できるタイプもあります。

料金表(準備中)

ドッグラン

ドッグラン

雨天時や散歩が出来ない犬は、
朝晩にここで排泄と軽い運動をすることができます。
猫は逃げてしまうので散歩はしません。

トリミング

トリミング風景

当院のトリミングサービスは、
原則として当院の患者さんを対象にご利用いただいております。

受付または、お電話でご予約ください。(※ご予約制)

健康状態の把握のため、
以下の方はご利用の前に当院獣医師の診察を受けてください。

  • 当院を一度もご利用されていない方
  • また過去一年以上受診されていない方

料金表(準備中)

ドッグカフェ & ショップ


待ち時間やお散歩の途中に気軽にお立ち寄りください ♪

コーヒー等のソフトドリンクやちょっとしたお菓子をご用意しています。
ワンちゃん用のメニューもありますので、一緒にお楽しみください。

ショップコーナーでは、当院の動物達にも使用しているフード、しつけグッズ、介護用品などの販売を行っております。

待合室としてご利用の場合は、必ず本院で受付を済ませ、呼び出しベルを受付で受け取ってからご利用ください。

同棟に併設の駐車スペースもご利用ください。

page-top○

求人情報